自分に合った派遣薬剤師求人を見つけましょう!

薬剤師派遣の求人サイトを選ぶポイント

以前は「派遣」というとデスクワークのイメージが強かったものですが、近年、派遣は多くの業界において活用されており、医療業界もそのひとつです。そして薬剤師にももちろん「派遣薬剤師」が存在します。
派遣薬剤師に強い求人サイトは?

薬剤師の資格を持っているけれど、結婚や出産、介護など、様々な事情で仕事を辞めている方が「仕事復帰したい」と思ったとき「正社員で続けられるだろうか」「ブランクがあるけど大丈夫?」と不安に思うものです。 そのような場合にもおすすめしたいのが「派遣薬剤師」という働き方です。派遣薬剤師としての働き方にどのようなメリット、デメリットがあるのかをまとめます。

まず第一のメリットとして、時給単価の高さが挙げられます。派遣には「即戦力」となるスキルが期待されているため、アルバイトやパートに比べ、高い時給設定となっているのです。 自身の都合に合わせた時間でしっかりと働けるのもメリットですね。限られた勤務時間で稼ぎたい方、家計の一部としたい主婦や子育て中の方に、特にありがたいメリットです。

人手不足の傾向にある薬剤師の求人では、長期予定での採用が多いようです。したがって雇用保険の適用や年金・健康保険加入など、福利厚生面でも、しっかりとした対応が期待できます。 一方でデメリットを考えてみると、長期雇用が多いとはいえ、正社員ほどの「安定性」は期待できません。派遣薬剤師には必ず「契約更新」があります。

もしかしたら、薬局の都合や相性で、わずか3ヶ月の勤務で契約終了=解雇となってしまう可能性がないわけではなく、更新し続けたとしても、いつ契約が終了してもおかしくない状況に変わりはありません。 薬剤師求人は売り手市場のため、契約が終了すればまたすぐにほかの派遣先を紹介される可能性は高いものの、自分の意志とは無関係に職場を変わらなければならないのは残念なものです。

また、派遣薬剤師には「ボーナス」はありません。毎月の収入では正社員にも引けを取らないかもしれませんが、ボーナス分がないため、年収としてはある程度抑えられてしまいます。 このような特徴がある派遣薬剤師ですが、派遣登録を行う前にもう一点知っておきたいのが、「派遣登録先の見極め」です。

派遣薬剤師のお給料の支払い元は派遣会社となります。そのため派遣薬剤師は、派遣先よりもむしろ雇用先(派遣会社)の信頼性を重視する必要があるのです。 いくら派遣先からお給料が支払われていたとしても、派遣会社に、最悪の場合倒産などのトラブルがあれば、お給料を受け取ることは出来ません。

また、あってはならないことですが、中には派遣社員の給与から各種保険料を天引きしておきながら、その金額を納付せずに着服してしまう、という派遣会社が実在するそうです。 このようなリスクから見ても、派遣薬剤師の登録先は、ある程度信用のある大手企業を選んだほうが安心できることは確かなようです。不安な方には、上記でご紹介している薬剤師専門派遣会社をおすすめします。